2019年8月26日月曜日

「星紡ぎ」に頂いたコメントと返信


「星紡ぎ」にいただいた投票コメントです。
コメントくださった方がここをご覧になるかどうかはわかりませんが、感謝の気持ちをこめまして、一言お返しさせていただきます。(ほとんどが一言におさまってないですが)
私の返信は赤字で書きました。

------------------------------
1.00でプレイ。
最初は移動がダルかったのですが、脳トレと化す第3の扉あたりから楽しくなってきました。
胡蝶ちゃんが可愛くて、プレゼント貢ぎまくりました。
厚着のキャラクターばかりだったので、暑い日にプレイするのはちょっと辛かったですw
脳トレですか!なるほど!?ダンジョンが進んでも移動のだるさは解消されないんですよね…。すみません。キャラクター褒めて頂いてうれしいです!ああ~でも1.00はまだ実装していない胡蝶のイベントもあったりしたので、申し訳ないです…。厚着のご指摘はおもしろいなって思いました。今年の夏も本当に暑かったですもんね…。暑い中プレイしていただいてありがとうございました。
  
マウスクリックで移動はさすがに面倒臭い。
そうですよね!全部マウスで操作できた方が簡単かな?と思った私が浅はかでした。プレイしていただき、ありがとうございました。

素材を集めて星を作る物語。
この物語における星とは何か、それを食べる星喰いとは何か、仲間たちの会話とサイドストーリーの両面から少しずつ語られていく。
素材集めの探索場面では、歩行を含めた殆どの行動で体力を消費するため限られたリソースで効率良く素材を拾う方法を考えるパズルめいたゲームとなっている。
星を作ったり効率よく探索することでレベルを上げたり、仲間との親密度を上げることで新たなスキルが使えるようになりより工夫のし甲斐が出るようになっている。
やわらかい色合いで描かれたキャラクターや幻想的な描かれ方の星々が物語の雰囲気に合っていて好印象。
すごい!私がうまく言語化できなかったゲーム内容をすごくまとめてくださってます!しかも実際のゲーム内容よりなんか面白そうに聞こえる!笑
お名前は伏せましたが、個人的にコメントいただけただけで感激でした。悪いところには目をつぶっていいところだけ挙げてくださった感じで、優しさが身に沁みました。どうもありがとうございます!
  
可愛らしい絵柄と、幻想的な世界観・ストーリーがとても良かったです。
会話でストーリーが進む際はアイコンが表示されるので周回プレイの際はセーブの目安がわかりやすかったです。
周回プレイまで…してくださったと……!?なんだか逆に申し訳ないです!色々褒めて頂いて、ありがとうございます。イベントが起こるかどうかは視覚化できた方がいいと思ったので、その点は好評みたいで良かったです。

Ver1.00】 完成度の高いスクショがまず印象的、UI・イラストともに雰囲気が統一されており視覚的に常に楽しい。
導入も丁寧でルール把握が容易なのも〇。
物語も癖もなく読みやすい文面で、親密度イベントを通じてキャラの掘り下げももしっかり行われており、特に序盤のワクワクが凄かった。
 歩行時一歩しか移動できない点(マウス操作なのでとても辛い)ことや、襲ってくる星喰いの戦力目安・タイミングが分からないなど気になる点も多く、熱中しきれなかった。
この辺は、素材が見えなくなり掘り出す必要が出てくる&ブリッジ・ワープ系のスキルが追加されるなどで単調さが多少は緩和されるが、ゲームのメインパートなので欲を言えばもう一捻り欲しいかも。
序盤探索しきれなかった場所が、後半は余裕で回れるようになるのは楽しかった。
 申し訳ないですが、エンディングは作りかけな印象を強く受けたので、物語性から大きく減点しています。
(プレイ時間+1)
なんと…。申し訳ないなんてこちらこそ申し訳ないです。エンディングまで遊んでくださったのにがっかりさせるようなものを出してしまって本当にすみませんでした。星喰いのイベントについては、いっそ戦闘が始まるとかにした方が良かったかもしれないですね。それを実装する時間はなかったんですが…。探索パートにしてもイベントにしても、そもそものゲームデザインから何か間違ってしまった気がしています。特に不安だった文体についてですが、不快になるようなものではなかったみたいで、その点は良かったです。色々な点を指摘してくださってありがとうございました!

世界観が好みだったので加点。
ストーリーも良い。
ただゲーム部分が頭を使う要素があまりないし、緊張感もないので残念だった。
なのでゲーム部分を強化すればより良いゲームになると思う。
好みといっていただいて、ありがとうございます!うれしいです。ゲームなのにゲーム部分がだめってだめですよね!ゲーム終盤になって詰むのが嫌だったので、誰にでもクリアできる簡単システムを目指したのですが、簡単すぎて緊張感がない=つまらないみたいな感じになってしまいました。緊張感を保ちつつ、誰でもクリアできるゲームにできたらいいですね。頭を使う要素は、製作者が頭悪いので、ちょっと難しいかもしれません…。
  
言葉の紡ぎ方と表現が美しいゲームでした。
グラフィックやゲーム性もその雰囲気と綺麗に合っています。
初めから終わりまで、その素晴らしい世界を描ききったデザインに+3点。
美しい…美しいですか!?「可愛い」と言っていただくことはあっても、「美しい」といっていただくことはほとんどないのですごく嬉しいです!ありがとうございます。

素材キャラは可愛かった。
ありがとうございます!絵を褒めて頂けることはあんまりないので、嬉しいです。

ver1.04a
幻想的な世界観と絵柄が良く合っています。
仲間キャラはキャラ付けやサブシナリオだけでなく、スキル関連でも個性を出していて良かったです。
遊びにくいと感じる点がいくつかありました。
背景やお宝マーカーが共に明るく見難かったり、クォータービューでオブジェクトの後ろにあるお宝マーカーの位置関係が分かりにくい事。
操作に関してもキャラの直近のマスをクリックする必要があり、更にスキル使用も含め、細々とした操作が面倒に感じる場面がよくありました。
クォータービューって、段差が生かせてこそのような気がしますね。今回のゲームシステムだったら、クォータービューでなくても良かったですよね!おっしゃる通りだと思います。面倒くさい操作性のゲームを作っちゃってすみませんでした。画面の明るさ調整ってちょっと難しいですね。私の手持ちのPCはどうも解像度?がよくないのか、ちょっと薄暗く表示されるようなんです。私のPCでは良いと思う明るさでも、スペックの高いPCを使ていらっしゃる方からすると、明るすぎるということがあるみたいです。次の作品を作る時は気を付けたいと思います。ご指摘ありがとうございます。

果てしない収集ゲー。
メルヘンな絵のタッチとキャラクター、全体の統一感、行き届いた序盤の親切さに+5。
後半に行くつれ探索しにくくなるのでプレイ中断していたが、Ver1.06で付いたXCキー併用で大分回りやすくなりクリア(作者さんありがとう)
星喰い以降は各要素に意味が付き、一気に駆け抜けられる。
一息つけさせてくれたホシモリの大切なものと胡蝶のエピソードがお気に入り。
こちらの方は最初、「マウスのみではつらいので方向キーでの移動やショートカットを実装したほうがよい」と具体的に問題点、改善点を挙げてくださった方です。マウスクリック辛いなって私も思ってたんですが、使えるキーを増やすと操作が複雑になるかな~と思って設定していませんでした。しかし、このコメントをいただいてから方向キーでの移動を実装してみたところ移動が格段に楽になりました。一人で作ってると思い込みみたいなものがあるんだな~とたいへん勉強になりました。バージョンアップしてからわざわざダウンロードして遊んでくださった上コメントを書き換えてくださいました。ありがとうだなんて、こちらこそありがとうございますと申し上げたいです!

投稿された当初に遊んだので、エンディングがものすごくあっさりしていたのが少し残念でした。
システム的にはしょうがないと思うのですが、ひとつずつクリック…がちょっと大変に感じました。
星の道を作ったりできるのはいいなあと思いました。
当初のエンデイングは本当にひどかったです。制作スケジュールの管理がうまくできていなかった私の責任です。本当に申し訳ありませんでした。クリック大変ですよね!私も何十回とテストプレイしててうんざりしました!マイナスポイントだけでなく良いところを挙げてくださってありがとうございます!良かった探しがお上手な方とお見受けしました。
  
なによりも世界観が素晴らしいです。
可憐なイラスト、星を紡いだ際のエフェクト、星の素材名、マウスカーソル一つとっても、魅力に溢れており、作者様の描く物語性を強く感じます。
反面、多くが未実装であるのがあまりに惜しい。
サイドストーリー、家具の実装のみならず、なにより現行1.01での最終イベント。
全くのノーヒントかつ、成功時でも非常に簡便な状況説明文のみで終わりは、そこに至るまでが魅力的だったが故に、落差が大きく肩透かしです。
今後のアップデートによる完全版を強く期待しております。
また、些細な事ではありますが、クォータービューのため、移動時のマウス操作が若干不便でした。
その後のアップデートで補完はされましたが、惜しむらくは当初から完成版ならばもっと素晴らしかったと思います。
何度でも申し上げますがver1.00ver1.01の最後は本当にひどいです。せっかく遊んでくださったのに申し訳ない気持ちでいっぱいです。でもそこに至るまでを褒めて頂いてありがとうございます。それだけに一層申し訳ないです…。マウスカーソルとか変更してる場合じゃなかったですよね!一番最初にメインシナリオ完成させとけって話です。本当にすみません。移動のしにくさは、全然些細なことじゃないですよ…!愛のこもったご指摘、嬉しいです。ありがとうございます。

素材を収集しつつストーリーを進めるゲーム。
キャラ絵の品質が高く、物語も丁寧に作っている印象があります。
ただ、収集フェーズの作業感が強いかもしれません。
「キャラ絵の品質が高く」←!!!!(私の喜びポイントです)こんなことを言っていただいたのは生まれて初めてです。どうもありがとうございます!作業感が強いのは、特にゲームとして乗り越えるハードルみたいなものがないせいかもしれませんね。この失敗点は改善して次作に生かせたらと思います。

・雰囲気はとても良い ゲーム性はそこそこながらダレないうちに終わったのは好感触 ・個人的に前半で作れる星の方がネーミング・ビジュアル共に魅力的だったのが惜しい(後半はもっと壮大or幻想的になっていくかと期待していた)
ゲーム性そこそこですか!?皆無かなと思っていたので、そこそこでもゲーム性があったと言っていただけてうれしいです。起承結!みたいな感じですよね。盛り上がりに欠けるのが欠点ですね。精進します!ありがとうございました。

ほんわかとしたキャラや世界がいいと思います。
やらなければいけないことが多いので、モチベーションの維持が難しかったです。
キャラがかわいいので加点します。
キャラがかわいいと言っていただけて嬉しいです!加点ありがとうございます。ゲームを作るのは難しいですがどこか1か所でも褒めて頂けるポイントがあるというのは嬉しいものです。面白いゲームが作れるように努力したいと思います。

メルヘンでかわいい世界観が大好きなので、プレイしていてとても幸せでした…!!星の素材を集めて星を作る、という設定が素敵です。
出来上がった星がとってもきれい!素材集めはやや作業的ですが、体力やスキルが少しずつ増えていくので、中だるみせず楽しめました。
サブストーリーや自室のカスタマイズなど、星紡ぎ以外の要素も充実していて楽しかったです。
メルヘンで可愛いのが好きなので、自分の好みをぶちこみました!同じ嗜好を持っている方に受け入れていただけたなら、これに勝る喜びはありません。ゲームというより作業な感じですよね。素材集めをする時間がゲーム中一番長かったと思うので、ここはもっとどうにかできなかったかと、反省ポイントです。自室のカスタマイズはもっと素材をたくさん用意できれば良かったのですが、自分の技術力が伴わず…。それでも充実していたとお優しい言葉、ありがとうございます。

一時間半ほどでクリア。
探索、アイテム合成、親密度上げ、というソシャゲ風の作品。
透明感のある雰囲気とストーリーは面白いが、探索部分が安っぽく見えるのが残念。
やはりソシャゲっぽいゲーム性はマイナスだと思う。
ソシャゲっぽいですか!?普段あんまりソシャゲやらないのでよくわからないのですが、そうなのかーと勉強になりました。自分では絶対気づかないところなので、やはり他の方にプレイしてもらっていただく感想は色々な角度の意見があって、勉強になりますね。透明感。透明感ですか。素敵な言葉ですね、透明感。嬉しいです!ありがとうございます。

胡蝶ちゃんがかわいかった><壁を壊したり橋を架けるスキルはそのマスに移動する選択をしたら自動で発動してくれたりすると遊びやすかったと思う。
かわいいと言っていただけてうれしいです!ありがとうございます。スキルを選択するのが、めんどくさいんですよね。自動で発動するというのも煩わしさを軽減する一つの方法ですね。具体的に改善案あげてくださり、ありがとうございます。

ゲーム内容自体はアトリエ系、アイテムを採集して制作するというシンプルなものながら、レベルが上がって少しずつやれることが増えるアイテム採集はとても面白く、全て採取でボーナスなどのご褒美システムも相まって、プレイヤーを飽きさせない工夫を随所に感じました。
ランダム生成ダンジョンもそんなにパターンが多いわけでは無いのに、楽しくて何度も潜ってはアイテム採集し続けていました。
シナリオ面は少し残念。
この物語は主人公のものでも星守りのものでもなく、なぜか学者のストーリー。
主人公の存在意義とは…?普通に星守りが主人公で良かったのでは?とやり終えて思いました。
結局作中では何も解決しておらず、星喰いを呼び寄せていたのは本当に彼だったのか?そうだとして、彼らは今後、その事と星喰いにどのように対応していくのか?「ストーリーはここから始まる」というところで物語が終わっており、もやもやした感じが残ってしまいました。
正式エンド追加時にそのあたりの説明が入るのだろうと思っていたら演出追加のみだったので、期待した分がっかりしてしまいました。
全体の手描きの可愛らしいグラフィック、アイテムやウィンドウなどの美しい素材、雰囲気のあるテキストなどが「星を紡ぐ」というテーマにとてもよく合っていて、没頭して遊べました。
こだわりをもって統一された世界観に加点させていただきます。
----------------------------------------------------------------------8/19追記バージョンアップで追加されたおまけでの、ストーリー補足を読んでの感想の追記です。
結局、「駄々をこねる子どもをみんなでなだめてハッピーエンド」という内容だったのが残念。
彼が肩書きから立派で、何か深いことを考えていそうな人物ではなく、初めから子供だったら納得できたかも。
また、イメージを具現化できる力をもっているなら、それをプラスの方向に働かせればもっと有意義なことも彼にはできるのでは?星喰いが意味のないものになってしまっていて、そこも残念でした。
 探索システムの面白さ、グラフィックのセンスは本当に大好きな作品でした。
次回作を作られるなら、またぜひ遊ばせていただきたいです。
応援しています!
わあ!すごい長文!!こんなにしっかりコメントいただいて感涙ものです。良い点→悪い点→良い点と述べてくださっていて、お心遣いを感じます。ありがとうございます。ゲームなのに「楽しい」という感想が少なくて自分の力量のなさを痛感していたところだったので、「楽しくて」の一言が何よりうれしかったです。シナリオ面に関する指摘は、おっしゃる通りです。当初の予定としては主人公の存在意義とは星学者を救うというところにあったのですが、その辺が全くうまく描けていないために、「何だこの話!」て感じになりますよね!わざわざ初期版とバージョンアップ版と遊んでいただいただいたのに、ご期待に沿えず申し訳ありません。精進します!星学者はたしかに、最初子どもの設定でした。口調変更とか色々あって今の形に落ち着いたのですが、推敲が足りず、いまいちな内容になってしまいました。具体的に改善案を述べてくださってべらぼうにうれしいです。励みにします!しかも、次回作まで期待してくださっていると…!?こんなにうれしいことはありません。ありがとうございます。次はご期待に沿えるようにがんばりたいです。

素材の統一感が良く、星の絵は特にきれいでした。
本当ですか!結構いろんなところから素材をお借りしたのでテイストがばらばらになってないかな?と心配だったのですが、統一感が出ていたのなら良かったです。星の絵はお借りしたものが多いので、ひとえに素材のおかげです!

全体を通して雰囲気が良く、キャラクターにも愛着が持てた。
細かな操作を必要とする移動方法やスキルなど一部右クリックキャンセルのできない部分はやや不満だが、イライラするというほどでもなく楽しめた。
(ver1.04)
「キャラクターにも愛着が持てた」←!!!!(私の喜びポイントです)うまく描けなかった部分もあると思うのですが、どこかしら気に入っていただけたのなら、嬉しいです。右クリックは製作期間中時間がなくて、あとで実装しようと思って忘れていた部分が結構多いです。このコメントをいただいてから少し直しました。でもまだ見落としがあるかもしれません。ご指摘ありがとうございます!

クリアまで。
演出、画力、デザイン、UI、さまざまな要素が非常に優れた良作です。
アップデートで操作性が改善されました。
クリア後のやり込み要素が増えたらいいなあ、と思いました。
更新対応が素早く、キャラがみんなかわいいので+2
物語性は、完結まで見ても、少々謎めいた部分はありますが、一貫性のあるキャラクター同士のコミュニケーションが丁寧に描かれていて、世界観を堪能することができました。
気になる点は、メインの探索ゲームが結構単調な点です。
ノベルゲームとしての質は高いと思います。
「非常に優れた…」!?ちょっと褒めすぎなような気がします!でも私は単純なので真に受けてとても喜んでしまいます。ありがとうございます。次はやり込み要素のあるゲームとか、作ってみたいですね。今のゲームデザインのままだと、やり込み増やしても、面倒くさい要素が増えるだけになってしまいそうで、二の足を踏んでしまいますね。ゲーム期間中更新することができたのも、投票コメントや掲示板でアドバイスをくださった皆様のおかげです!ありがとうございました。私は文章に一番不安を抱いていたので、「ノベルゲームとして質が高い」などとお優しい言葉をいただけて、ほっとすると同時にやっぱり褒めすぎじゃないかとちょっとドキドキしています。期間中も丁寧なアドバイスをくださって、ありがとうございました。

雰囲気とストーリーが〇。
特に雰囲気についてはメルヘンチックな中にある哀しみや無常観が瑞々しくとても魅力的だった。
ストーリー面は主人公の正体や世界観そのものについての謎が放置されたままになるため、やや置き去りにされた感も残るが、雰囲気を穢さないまま綺麗にまとめられた点は好感を持てる。
肝心のゲーム性についてはやや難点を抱えているように思う。
単純作業である上、マウスが中心となる操作性のテンポが悪いため、ストレス度が高く感じられた。
また習得するスキルなどもプレイヤーの自由度を高める物ではなく、規定的な障害に対しての機械的なふるまいを要求される類のものであるため、常に足かせを増やされるような感触があった。
プレイしていただき、どうもありがとうございました!「メルヘンチックな中にある哀しみや無常観が瑞々しく」という、言葉の表現力がすごい。私のゲームのことと思えません。そんな風に言葉をつづっていただいて、感激です。ストーリーについては、風呂敷がうまく畳めなかった感がありますね。主人公のことについては、言い訳めいたものを後ほど制作記として記事にしたいなと思っています。苦手だからと言って逃げるのではなく、指摘していただいた点はしっかりと受け止めて、次の創作に生かしていきたいです。ゲームは階層が増えるごとに面倒くさい作業が増えるという感じのデザインになってしまいました。ここも深く反省して、次は楽しいと言っていただけるゲームが作りたいです。

ver1.06
全体的に丁寧に作られていますね。
かわいらしい絵と雰囲気がいいです。
パッドに対応していれば素材集めの作業感が多少なり薄れたと思います
ありがとうございます!ずさんなところもあったと思うのですが、私なりに、丁寧に気を配って作ったつもりなので、そのように評価していただけて嬉しいです。パッド対応は、私がパッド持っておらず、結局最後まで対応できませんでした。ゲーム制作者として持っておいた方がいいですね!次回作はパッド対応したものが作れるようにがんばりたいです。

最後にやったバージョンは1,04最初はエンディングがなかったけど追加されたエンディングの雰囲気が好きなのでその他に加点を入れさせてもらった星の素材集めもハマる人にはハマる…しかしエンディングにかかわるラストの探索が単品探しなのにほぼノーヒントなのでそこは減点対象かな…狭くなっても目的のものがあるマスの隣接マスまで近づかないとヒントが出てこないのは難しいしいと思う?
当初のバージョンのあと、わざわざダウンロードし直して遊んでくださったようで、どうもありがとうございます。お手数をおかけして申し訳ないです。回数を重ねたテストプレイ中に、ラストで失敗するということがほぼなくて、この難易度でいいかと安易に考えてしまったのですが、リリース後のテストプレイで3回続けて失敗してしまった時は何だこのクソゲー!って思いました!もっとヒントがあっても良かったですね。うまい改善案を思いつかなくてなかなか直せていないままなのですが…。ダメ出しありがとうございます。ご意見をいただけて嬉しいです。

やりこみ要素もあって面白かった
やりこみ要素と言えるほどのものがあったかどうか…!?イベント展開ももっと複数種類用意できたらよかったのですが…。でもそんな風に楽しんでいただけたとしたらとても嬉しいです。ありがとうございます。

かわいい(かわいい)。
うれしい(うれしい)。こういうシンプルな言葉が、胸に刺さります…!ありがとうございます。

グラフィック、システムのクオリティが高い。
しっかり完成させてほしい。
グラフィックのクオリティは、お借りした素材の力が大きいと思います!でも褒めて頂けて嬉しいです。ありがとうございます。未実装の機能があったり、当初のエンディングが打ち切りエンドだったり、本当にすみませんでした。

不思議な雰囲気が抜群で、そこで星を紡ぐというのがとても楽しかったです。
細かい設定等の部分で少し謎が残るところは却って不思議な世界観を演出するのに一役買っているように思えました。
改善を続けていますが細かい操作性にまだ難があるので、そこが改善されればよかったです。
わあ!楽しいと言っていただけるのが本当にうれしいです。ほっとします。シナリオの粗を良い感じに受け取ってくださって、ありがとうございます。ほわほわ~としたゲームが作りたかったのですが、シナリオの出来もほわほわ~になってしまいました。質を高めていけたらなと思います。遊びにくいゲームを遊んでくださって、ありがとうございました。

未実装の文字がゲーム内に居座っているのがいただけない。
進行に影響は無いけど目につく不具合もちらほら。
ゲーム的にも序盤は面倒な点が多く、後半はぬるい作業状態。
グラフィックや雰囲気が良い感じなだけにもったいない。
そうですね、そこは少し悩みました。「まだ準備中なのよ」みたいなセリフを言わせようかと思ったのですが、それだとゲームを進めればイベントが起こるとプレイヤーの方が誤解してしまうだろうし、かといって選択肢をばっさりなくしてしまうと、家具を作っているというキャラクターの特徴がうまく表せないような気がして、批判が出ること覚悟でどーんと「未実装」と書きました。未完成感がアップですね。今思えば、もっとうまく処理できたと思います。というよりそもそも未実装の機能搭載したまま投稿するなというところですね。苦言がでるのも当然のことと思います。未熟な点が多かったです!すみませんでした。フォローの言葉をいれていただいて、優しさが身に沁みます。ありがとうございました。

ゲームシステムはシンプルながら完全に単調ではないために飽きにくく、ストーリーは程よくコンパクトながら深みもあり、画像やBGMなども世界観とよくマッチしていて、全体としてとてもバランスよくまとまっていると感じた。
主人公視点からは分からない物語の背景もサイドストーリーで語られており、1つの世界観を描き切れている点も良かった。
模様替えも、一番目にするメニュー画面を単調でなくすことができる点で、よく機能していたと思う。
すごい、めっちゃ褒めて頂いてありがとうございます。恐縮です!ゲームシステムは失敗したところも(かなり)あったとは思うのですが、自分なりに工夫したところなので、「飽きにくい」と評価していただけるのはとても嬉しいです。ストーリーは表現したいことが表現しきれていない部分もあったのですが、それでも「深み」みたいなのを感じ取っていただけたとしたら、受け手の方の感受性が豊かなのだと思います。模様替えについては、ゲームの進行上一切不要な機能なのですが、趣味でいれてしまいました!何らかのアクセントになっていたなら、良かったです。

1マスごとにクリックしないと移動できないなど、全操作をマウスにしたことで操作性がDS初期のころのようないまひとつな感じであるところもありましたが、シナリオややりたいことはよく伝わってきて、よかったです。
ただ、エンディングがなくセーブもできず、いきなり終わってしまうのがもったいないところでした。
DS初期の頃っていうのが、わかるようなわからないような感じですが、面倒くさい感じっていうのはよく伝わります!面倒くさいゲーム作ってしまって本当にすみません…!未熟ながら、自分のやりたいことは詰め込みました!伝わっていたなら嬉しいです。最初のバージョンではED未実装自体ひどいものですが、せめて「今から最後のイベントいきますよ」という警告を出せていたらよかったなと、後から思いました。セーブがずっと前だとしたらやり直す気力もわかないでしょうし、何よりシナリオが下手でクライマックスの盛り上がり感に欠けているので、最後のイベントだとは誰も思わなかったでしょう。反省です。有益な助言ありがとうございます。

絵がとにかくかわいい!紡いだ星が綺麗!世界観も独特で素晴らしい作品でした!
ありがとうございます!「!」に気持ちがこもってるような気がして、嬉しいです。

立ち絵がかわいい
がんばって描いたので、褒めて頂いてとっても嬉しいです!ありがとうございます。

幻想的なイラストがゲームとマッチしてよかった。
ありがとうございます。幻想的なのは多分、お借りした素材のイラストのおかげだと思います!本当に幻想的で素晴らしい素材に、たくさん助けて頂きました。

探索を繰り返して、星を作り出し、彼らの物語へ触れていく。
絵の優しさと物語がしっかりマッチしていた。
ただストーリーの核になるものがあればよかったかな、とは思う。
胡蝶のスキルがイベントですごく使い勝手がよかったし、星守のスキルは普段の使い勝手が凄くいいので、星学者もよくしてあげて欲しい……
ストーリーの核っていうのは、主人公がいまいち主人公として成り立っていないところに問題点があるなと思っています。当初想定していた通りにストーリーが描けなくて、お話し作りって本当に難しいなと思いました。星学者は二つ目のスキルはわりと役に立つと思うんですが、一つ目のスキルは死にスキルですね。イベントが少ないせいでクリアまでに二つ目のスキルにたどり着いた人はいなかったと思われるレベルです。このコメントを受けて、星学者だけスキル取得に必要な親密度を下げたり、一つ目のスキル内容をちょっと変えたりしてみました。しかしこのようなコメントをくださるということは三者ともスキル使えるくらいまで親密度をあげるプレイをしてくださったということで、嬉しいです。ありがとうございます。

星空をイメージしたグラフィックが美しい。
成功時のくるくるとまわる演出が良く、次はどのを星を紡ごうかという楽しみがあった。
また、サイドストーリーで各キャラの掘り下げがあるのも嬉しい。
サイドストーリーを全てみた後にEDを迎えたので、各キャラの心情が理解できより楽しめた。
しかし、主人公は本編・サイドストーリでの掘り下げがないような気がしたので、何かしらの物語が欲しかったと思う。
星を紡いだ時の演出は、コモンをお借りしました!素敵なコモンを作ってくださったことに感謝です。サイドストーリーを全部見るまで遊んでくださって、ありがとうございます。サイドストーリー以外にももうちょっと各キャラの掘り下げができたら良かったなと、(特に主人公ですね…)そこは大きな反省点です。

グラフィックの愛らしさに惹かれてダウンロードしました。
優しい音楽とかわいらしい立ち絵、幻想的な世界観がマッチして、昔読んでいたファンタジー小説を思い出しました。
アイテム一つ一つや主人公の紡ぐ星のネーミングが世界観をより引き立てており、良かったです。
探索はマウスだと一つ一つ押していくのが面倒で、しかしキーボードだと出来ない操作があり……というのがやや億劫でした。
後半の探索スポットになるほどスキルを多用する必要があるので、そこでもっとスムーズに行動できる工夫があると嬉しかったです。
水彩の繊細なイラスト、そしてひたすらに優しく、少し切なく温かいストーリー、にぎやかで可愛いキャラクター達と出会えた、素敵なゲームでした。
幻想的な世界観のファンタジー小説って、何だろう…!?とても気になります。アイテムとか星の名前は、自分の好きな言葉を並べました。若干ツッコミどころがあるものも、あると思います!というか作ってて自分でも「何やねんこれ」って思ったやつとか、あります!でもそこを良いと言ってくださって、嬉しいです。ありがとうございます。移動マスをクリックしてからスキルボタンまでが地味に距離があるのも面倒くささの要因のひとつかなと思っています。操作性の良いゲームを作れるように、精進していきたいと思います。水彩絵の具の使い方は、勉強中です。もっとスキルアップしていけたらなと思っています。素敵なゲームと言っていただけて、最高にうれしいです。ありがとうございました。

紡ぐ星がどれも幻想的で癒されました!しっかりとした世界観や、アイテムの名前の統一感のおかげで、物語にも入り込みやすかったです。
「癒された」と言っていただけて、嬉しいです。その言葉にむしろこちらが癒されました。アイテム名は変てこなのもあったと思うのですが、気に入っていただけたなら幸いです。ありがとうございます!

■サイドストーリーがとても面白かったです。
世界観の理解と、誰目線の話かを想像しながら読み進む楽しさがありました。
■素材集めも楽しかったです。
どのルートを通れば全回収できるか考えながらやっていたので、飽きることなくプレイできました。
体力とMAPの調整がうまいこと出来てるなと思いました。
■プレイして感じたこととして、星を紡ぐ楽しさが足りないかなと思いました。
紡ぐメリットが現状ストーリーの解放と主人公の内面の理解だけなので、どこかの背景を【何もない夜空から始まり、紡いだ星の種類に応じて星が増えていく】などあると良いかなと思います。
具体的にどの点が良かったか言葉にしていただいて、勉強になります!ありがとうございます。数字調整は難しいですね。苦手分野なのですが、数字が小さいうちは何とか…といった感じです。長編になると必然的に数字が大きくなるので、大変なんだろうな…と思いました。今回はうまくいったみたいで、胸をなでおろしています。星紡ぎに関して、具体的な改善案を、ありがとうございます!アンジェリーク2みたいな感じですね!?(この表現で伝わるかどうか…)今の感じだと、探索パートがメイン部分すぎて「星紡ぎ」じゃなくて「素材探し」って感じですよね!うまく取り入れられないか、考えてみたいと思います。

ウディタで本作のような3D風マップはあまり見ないな、と思いました。
内容面に関して、パズル的要素が強いのか、と思ったらひたすら周回する方が効率はよい、というのがやや気になりました。
クォータービュー、個人的に好きなんです。ウディコンでもいくつか見かけたことはありますが、数は少ないですね。もっと流行ったらいいなと思います!同じような感じで、もっとパズル風にできたら、もっと面白いゲームになっただろうなとは思います。ただ、パズルは、作り手の頭の良さが要求されると思うんです…!私の技量では残念ながらここまででした。でも率直なご意見をいただけて嬉しいです。全面的に同意します!ありがとうございました。

ゲーム自体はパズルとすら言えるかどうか不明なほど簡単なシステム。
ストーリーは凄い興味を惹かれるしキャラも可愛く、とても丁寧な作りで先が気になるがそのためにこの単調な作業を繰り返すのはきつい。
パズル、ではないかもしれないです…!パズルにできたら良かったのですが…。ちょっと私の力量が足りませんでした。ストーリーやキャラを褒めて頂き、また、丁寧と言っていただけて光栄です!ゲーム部分が面白くできなくて申し訳ないです。次はがんばりたいと思います。ありがとうございました!

役が揃うまでスロット回すような不毛な制作工程。
家具配置はよかった。
そうですね、頭を使うような要素をいれてプレイヤーの方を楽しませるようなものができたらよかったですね。猛省します!模様替えを褒めて頂いてありがとうございます。家具の種類が最後まであまり増やせなかった点が心残りです。

イラストや雰囲気がカワイイ!キレイ!!いち推しです!!
なんと、いち推し、ですか!?めちゃくちゃ嬉しいです。ありがとうございます!

地味なポイントだが、星ごとにグラフィックが用意されているのが良かった。
星の名前と合わせたシンボリックなデザインは好み。
コメントありがとうございます。お好みに合致していたのなら嬉しいです!星の画像は素材を合わせたものが多いです…!こうやってお褒めの言葉を頂けるのも素材のおかげです。

キャラがかわいかったです。
絵とか性格とか、可愛く描けていたなら、嬉しいです。キャラクターを生み出す難しさみたいなものも痛感しました。優しいお言葉、ありがとうございます!

独特な世界観と星がきらきらした感じの美麗なグラフィックが素敵でした! 3人と親睦を深めるイベントもいいですね。
一方、探索時の操作性にやや難があるのが気になりました(移動・各種スキルすべてキーボード操作でやりたかった)。
ご指摘いただいてからキーボードでも操作できるように変えましたが、ちょっと遅かったですね。「美麗な」なんて人生で初めていただいた褒め言葉に有頂天です。星のグラフィックに関しては、元素材さまの力によるところが大きいのですが、いくつかは自分で描いてますし、加工もがんばったので、お褒めいただいてとっても嬉しいです。

ウディタではちょっと珍しい(気がする)クォータービューに惹かれてプレイ。
キャラや背景の水彩タッチが可愛らしく、星のカードデザインも美しくて目の保養になった。
慌てたり緊迫する場面などのBGMは、このメルヘンなビジュアルに対して音色に違和感が少々あった。
家具もほぼ無機質で、キャラの衣装などと比べると世界観が違う気がする。
これからのアプデに期待。
個人的に一番がんばったのがクォータービューなのですが、生かしきれてなかったかなと反省点でもあります。でもそれでお手に取ってくださる方がいたというのは嬉しいです。違和感に対する鋭い指摘、ありがとうございます!BGMは気に入ったものを考えなしに使わせていただいたところがあって、緊迫画面の音楽は和風で、素敵な音楽なんですけど作風とちょっと合ってなかったですね。もっとしっかり考えたらよかったなと思いました。家具に関しては、ドット絵のスキルのなさが顕著に出たところですね。でもこの指摘はたいへんためになりました。ありがとうございます。

奇麗で可愛らしいキャラと物語世界観が統一されたUIやトランジションも良い!クォータービューマップが素敵すぎます!素晴らしい作品をありがとうございました
トランジションみたいな細かいところまで気づいてくださってありがとうございます!クォータービュー褒めて頂いて恐縮です。お名前は伏せましたが、尊敬してます!マップその他足元にも及びませんが尊敬する方に褒めて頂いてとっても嬉しいです…!

おしゃれで幻想的な雰囲気で、柔らかさのあるイラストも表情豊かで、とても魅力的な作品でした。
難しい単語や言葉も多いのですが、ゲーム全体の優しい印象からか引き締まった感じを受けました。
特に「星を紡ぐ」に成功した時のクルクル…パッという効果がとても素敵だと思います。
あと「星学者」さんがズボンを被っているのが可愛かったです。
ゲームとしての完成度がとても高く、星の材料集めだけでなく扉ごとに全部拾うを目指して夢中で探索してしまいました。
レベルが上がると体力が増えて探索しやすくなったり、スキルで段階を踏んだ攻略ができたり、それとランダム床の要素でより探索が楽しくなりました。
特殊イベントでの探索も、ちょっとしたミニゲームのように変化があって楽しかったです。
うっかり星を紡がずにのんびり探索ばかりしていると「星喰い」イベントで緊張させられてドキドキしてしまいました。
お話の最後も、この世界のことが分かったようで分からないような不思議さを残しながらも、友人を大切に思っている気持ちが伝わってきて、とてもよかったです。
メニュー「システム」を選ぶと毎回異なる「TIPS」が出てくるのに気づいた時は感心してしまいました。
長文で丁寧にお言葉をくださって、ありがとうございます!すごく心に沁みます。本当にどうもありがとうございます。「おしゃれ」とはあまり言われたことのない褒め言葉で、少しくすぐったいですね。アイテム名や星の名前は、ちょっと背伸びして使った言葉もけっこうあります。あまり深い意味は考えず、雰囲気を感じ取っていただけたら幸いです。星紡ぎ時の演出は、お借りしたコモンのおかげで、素敵な感じになりました。コモンを提供してくださった方のおかげです!星学者のキャラクターは、遊び心でかなり変な感じになったと思うのですが、それで変な性格が表現できてたらいいかなと…。可愛いと言っていただけて嬉しいです。ストーリーも褒めていただいてありがとうございます。自信のない分野なので、良かったと言っていただけると、すごく励まされます。TIPSみたいな細かいところまで見てくださって、ありがとうございます!市販のゲームでローディング中に表示されるようなものを真似してみました。あと、説明が足りないかな?と不安なところをTIPSで補っていた面があります。多少なりとも功を奏していたとしたら、良かったです。

キャラグラがとてもかわいい! メッセージウインドウが凝ってる。
ありがとうございます!メッセージウィンドウは特にこだわって作った、お気に入りのものです。作ったと言っても、元の素材を配付してくださってる方がいらっしゃって、私は加工しただけなんですけどね。全て元素材様のおかげです。

紡いだ星の画像が好きです。
キャラクターがかわいい
ありがとうございます。好きと言っていただけて嬉しいです。なるべくたくさん星の種類あった方が楽しいかな?と思って、画像をいろんなところからお借りして、星の画像を作りました。

絵はほんわかしていて可愛く、シナリオも雰囲気があっており面白い。
探索で素材を探し、素材で星を紡ぎ、経験値や星霊力を上げていくシステムも面白い。
しかし探索での移動が体力に縛られ、序盤はどうやっても取れないものがあるのと後半は体力が余るくらいで歩く道を考えたりしなくてもよくなったりと、扉の難しさで調整されている点は評価できるがもう少し違ったバランスだと良かったもしれないと感じた。
それと星喰いの出番が少なく、目的?である星紡ぎが星霊力アップよりも経験値稼ぎ的なもののイメージで、星紡ぎよりも探索のほうがメインとして感じてしまった。
面白いと言っていただけて嬉しいです。苦手分野多いですが、数字の調整もまた苦手分野の一つです。調整が違ったらもっとパズルっぽい面白さが出せたかもしれないですね。今のままだと「星紡ぎ」より「素材探索」にタイトル変えた方がいいかもしれないですね!星霊力の数字がほとんど飾りみたいになってしまったのが、良くなかったです。この点もうちょっと考えていきたいです。長所と短所を端的に指摘してくださり、ありがとうございました!

細やかな工夫が施されており、システムの一部が未完成であることを差し引いても余りあるくらい楽しかったです。
未実装なところがあり、申し訳ありませんでした。次回参加するとしたらきちんと完成させて参加したいです。そんな作品に「楽しかった」と言っていただけるのは、すごくすごく嬉しいです。ありがとうございます。

とても好みの作風でした!美しかったです。
自分の好きなように作って「好み」と言っていただけるのは幸せです。同士に出会った感というか…(勝手に同士にされても困ると思いますが)どうもありがとうございます!

星の画像が素晴らしかったですが、テンポが悪かったところが惜しいと思います。
斜めマスに加点しました。
そうですね、マウスカチカチが、テンポ阻害ですよね!テンポの良いゲーム作りを目指してがんばっていきたいです。クォータービューは自分の技術力の目いっぱいをつぎ込んだ感じです。評価していただけて、とっても嬉しいです。ありがとうございます!

------------------------------
まとめ

全体的に雰囲気を褒めてくださるコメントが多く、雰囲気に関しては美麗な背景素材と素敵な音楽素材のお力によるところが大きいと思っているのですが、ひとつ表現したいものが表現できたのかなという気がして嬉しいです。「物語性」を評価していただけたのも、ストーリー自体というよりは、ゲーム全体の雰囲気を加味していただけたのかなという気がしています。

一方で反省点は遊びやすさとか熱中度、ゲームとしての根本の面白さみたいなものが足りなかったところですね!ゲームデザインからまずかったような感じなので、この辺はしっかりと改善して、次回作以降につなげられたらと思います。

コメント一つ一つに、感謝の気持ちでいっぱいです。良くない点を指摘するコメントも必ずフォローの言葉が入っていて、なんて優しい方々ばかりなのだろうと、感動しました。ウディコンに参加しなかったら間違いなくもらえなかった感想の数々。この経験は大きな糧として次に生かさなければ、わざわざコメントをくださった方々に申し訳ないなと思っています。何度お礼を申し上げても足りません。本当にどうもありがとうございました。

2019年8月24日土曜日

ウディコンで12位にランクインしました!

第11回ウディコンの結果発表がありました。
「星紡ぎ」は何と何と、12位でした!
参加することに意義があると思い、順位はこの際気にしないようにしようと思っていたのですが、望外に高い順位を頂いて、非常に驚いています。順位を知ってからしばらく指がふるふると震えていました。
投票してくださった皆様、ありがとうございました。

また、部門別でも
「熱中度」で15位
「斬新さ」で12位
「物語性」で4位
「画像/音声」で3位
「遊びやすさ」で17位
「その他」で18位
とすべての部門でランクインしており、特に物語性4位は意外すぎて驚いています。
シナリオは個人的に一番自信がないところなので、次回作を作るとしたらどなたかに有償依頼しようかとも考えていました。でもこの結果に気を良くして、一人で頑張るかもしれません…。
「画像/音声」で3位という高順位をいただけたのは、ひとえに使わせていただいた素材のおかげです。どうもありがとうございました。
「その他」で思いきりよく加点してくださった方もいて、すごく嬉しかったです。どなたかの心の片隅に残るような、そんな作品になっていたら、これ以上の喜びはありません。

ちなみに送っていただいたメールによりますと
順位:【 12 】位 総得点:【 121.0 】点  【ダウンロード】クリック数:977
でした。
結構バージョンを重ねたこともあり、正確な数字はわかりませんが、それにしても予想以上のたくさんの方にダウンロードしていただき、本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。

SmokingWOLFさんもおっしゃっているように、「総合順位」 と 「あなたにとって宝物となる作品かどうか」は別問題! です。
私もプレイヤーとしていくつかの作品をプレイしてみて、私にとって宝物となる作品がありました。期間中は他作者様の作品について全然感想を言えなかったのですが、いくつか紹介するブログ記事を書けたらと思っています。
そしてもしももしも、どなたかの心の中に「星紡ぎ」が宝物のような作品として残っていたらいいなと、そんなことを夢見ています。
もしくは、いつかそんな作品が作れたらな、と。

ウディコンに参加してみて本当に色々と勉強になり、良い経験になりました。できればまた参加したいです。
主催者のSmokingWOLFさん、ダウンロードしてくださった方、プレイしてくださった方、掲示板や投票でコメントをくださった方、twitter等で感想をつぶやいてくださった方、皆さま本当にどうもありがとうございました。


第1位の「エディの人間大砲」を作られたDot蜥蜴さま、おめでとうございます!
「腹が減っては勇者はできぬ」の頃から卓越したセンスのゲーム作家さんだなあと尊敬と羨望の眼差しで見つめておりました。「エディの人間大砲」とっても面白かったです!1位も納得の作品でした。また改めて感想記事を書きたいです。


2019年8月20日火曜日

ウディコンお疲れさまでした

第11回ウディコンも投票期間終了ということで、あとは結果発表を待つのみですね。
参加者の皆様、プレイヤーの皆様お疲れさまでした。
主催者のSmokingWOLF氏は集計等に大わらわだと思いますが……。がんばってください!

コメント付きの投票はメールで送付していただきました。思ったより早くてびっくりしました。
皆さん優しいですね。優しすぎます。
ダウンロードしていただいただけでもめっちゃ嬉しいんですよ。
プレイしていただいた上、コメントまでいただけるなんて。
なんと56件もいただきました。心の底から、ありがとうございます!
本当に参加して良かったなって思います。
コメントは後日ひとつひとつお返事させていただきたいと思っています。

ウディコンって作者の方もプレイヤーとして参加されているので。
お名前付きでいただいたコメントの中には、尊敬するあれやこれやの方のお名前があって、恐縮しております。
この方に、私の作品が認知していただけた!?というだけでも恐れ多い、うれし恥ずかしです。

反省点もたくさんありますが、本当に参加して良かったです。
プレイしてくださった皆様、本当にどうもありがとうございました。


2019年8月10日土曜日

ウディコン参加中の所感2

twitter全然活用していないのですが気になってエゴサーチしまくっています。
twitterで星紡ぎを紹介してくださっている方、感想述べてくださった方、ありがとうございました。
twitterは基本的に優しい言葉が多いので、励まされます。悪いところには目をつぶっていただいてありがとうございます。スクショとか見るとドキドキします。

今日はプレイ動画をツイキャスであげてくださっている方がいて、ドキドキしながら見ています。(現在進行形)
そうしたら、初めて探索に行ったときのイベントがきちんと機能していなかったことが判明して、あわてて直しました。別のイベントを呼び出すようになっていました。
(最初のバージョンでは確かにちゃんと機能していたんですが…どのバージョンからこうなっていたんだろう…)
飛ばしてもそんなに問題ないイベントだからいいんですけどね…。
やっぱりバージョンアップするたびに通しプレイしないとダメなんだな、と勉強になりました…。

ところで私はゲームを作るうえで二つ夢があります。
実況プレイしていただくことと、ファンアートを描いていただくこと。
とはいえ私の作るゲームは実況プレイに向かないと思いますが。
今回は実況ではなかったですが、人様に実際にプレイしていただいてる様子を見るのは初めてで感動しました。嬉しい。でも恥ずかしい。嬉しい。恥ずかしい恥ずかしい。そんな感じです。

ファンアートは、描きたいと思ってもらえるだけの魅力をもった作品を、いつか作りたいですね。夢です。

ここに書いて伝わるかはわかりませんが、プレイ動画流してくださってありがとうございました。嬉しかったです。

8/17 追記------------
テツロンさんへ
ついった見ました。
はい、お名前を出していいものか迷ったのでちょっとぼやかした書き方になりました。
すみませんこれじゃファンアートおねだりしてるみたいですよね…!
ただ感謝の気持ちを伝えたかっただけなんです!お手間をかけさせるのも申し訳ないですから、私のことは気にしないでください。
申し訳ないなんて、こちらこそ申し訳ないです!
まさかブログまで見てくださるとは思ってなくて、どうせこの記事がご本人の目に届くことはないだろうと思いながら書いてしまいました。
本当はついったで直接お伝えすればいいんですけど、ついったは苦手で、すみません、こちらにお返事書きました。
時間が合うときは他のゲームも配信拝見してました。ほとんどのゲームをクリアまでプレイしておられてすごいなって思いました!
プレイしていただけただけですごく嬉しいです。その上配信までしていただいて、改めて
ありがとうございました。

2019年8月6日火曜日

ウデイコン参加中の所感

毎日朝6時に投票コメントが更新され、作者はエントリーページから見ることができます。
優しいご意見には励まされますし、良くない点を率直に指摘していただくと勉強になります。
他の方がどれくらい投票コメントを受け取っているのかわからないので、比較はできないのですが、数としてはそんなに多いほうではないと思います。コメントもらえない日も結構ありますし。
それだけにコメントひとつひとつがとっても嬉しいです。
プレイしていただけただけでも嬉しいのに、コメントまでいただけるなんて本当に感動ものです。
どうもありがとうございます。
投票コメントも、掲示板でのコメントも、とっても嬉しいです。
フリーゲームを公開してこんなにフィードバックをもらえる場はウディコン以外にはないように思います。
このような場を提供してくださっている主催者様には頭の下がる思いです。

他の方のつくるすごいゲームをプレイするたびに、同じ土俵に立っていることがちょっと恥ずかしくなります。
とはいっても、まだあんまりプレイできてないのですが…。
どのゲームにもそれぞれいいところがあって、審査するというのは難しいですね。
点数をつけるのが難しい場合は、コメントのみお届けするかもしれません。
自分がコメントをいただけたことですごく嬉しかったので、プレイした作品についてはコメントは送りたいなと思っています。

ところで、surface proの充電アダプターが壊れました。
ウディコンの締め切り前後から色々ありすぎです。
マウスの不調→ペンタブの不調ときて、今度は充電アダプター。
充電できず、電気屋さんに持っていって調べてもらったら本体ではなく充電器の問題だとわかりました。
新しいのを買うしかないのですが、取り寄せになるのでちょっと時間がかかります。
おかげで画像関連の更新がちょっと遅れます…。
家具とか、早く追加したいんですが……。

2019年8月3日土曜日

反省点

ウディコンにエントリーして5日が過ぎました。
ダウンロード数を見てびびりました。初日の時点で100以上ダウンロードされていました。
すごくありがたいことなのですが、申し訳ない気持ちの方が大きかったです。
初日…ver.1.00は本当にひどい状態で、何がひどいってエンデイングがひどかったです。
この点について、エンディング実装を締め切りに間に合わせられなかった点がまず何より反省点ではありますが、もっと注意喚起をすべきだったな…と思いました。

「このverは不完全なところがあります」と、Read Meには一応書いてありましたが、皆が読むわけでもないですし、何より一度ダウンロードするという手間をすでにおかけしていることになるわけで。
数ある作品の中で私の作品を手に取ってくださった方に対してもあまりに失礼だったなと思います。
すぐに修正できればよかったのですが、結局今日までちゃんとしたエンディングを追加できないままでした。
説明文にエンディングの不備について書こうか少し迷ったのですが、初参加で勝手がわからず、結局書かないままにしてしまいました。
ウデイコンはただでさえたくさんのゲームがあって、限られた期間中にできるゲームの数は限られています。
プレイしてくださる方の、時間という限られたリソースを無下にするような真似をしてしまって、本当に申し訳なかったなと反省することしきりです。

もし来年以降参加することがあれば、きちんと最後まで形にしたうえで参加しようと固く決意しました。

2019年7月28日日曜日

ウディコンにエントリーしました

なんとかかんとか、第11回ウデイコンにエントリーしました…。
しかし、エンデイングができておらず、後半のテストプレイも足りておらず、非常に心配な出来です。
なるべく早くアップデートしたいです。
ver1.00はなるべく誰にもやってほしくない…!絶対不具合があるはずです。

エントリーぎりぎりになってしまって主催者様にご迷惑おかけしました。

アップローダーに上げようと思ったら100M以上はアップロードできない

ZIP形式じゃだめだけど7Zならいけた!

締め切り間際でエントリー!

ZIP形式じゃないとだめだよって言われる(規約はちゃんと読みましょう。反省)

アップローダーをあきらめてONE DRIVEからダウンロードしていただく形でエントリー

最初からONE DRIVEにしておけばよかったですね。
ただでさえ最終日怒涛のようにエントリー作品多かったのにいらぬ手間をおかけしてしまいました。申し訳ないです。

最終的にエントリーできたのが締め切り3分前くらいでした。
スケジュールに余裕をもって行動しようと思いました。
来年も参加するとしたら初日に一番乗りで投稿できるくらいになりたいですね…!

とりあえず今はプレイヤーとしてコンテストを楽しみたいなーと思ってます!
そしてなるべく早く、せめてエンディングだけでも作りあげなくては…。

コンテスト会場はこちらです↓ 面白そうなフリーゲームがたくさんあるよ!